人気ブログランキングへ 純文学:警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
純文学 ブログトップ

『1Q84 BOOK3』 村上春樹 [純文学]

2010-020.jpg
[本]★★★★☆

ジャンル:純文学

 何じゃゴルァ!! な作品。いきなりBOOK3ですが、復活する前に1と2は読了してしまっていたので。あくまでも私見ですが、純文にストーリー性を持ちこんで通俗化させない技量を持っている作家は、もういまや村上春樹しかいないと思う。まあ、昭和30年代以降に限定しても、村上春樹の他には安部公房と三島由紀夫しかいないと思うけど。
 さて、本作は題名の通り舞台が1984年。一般的に対比される小説は、ジョージ・オーウェルの『1984』ですが、舞台が1984年とされているのなら、『ねじまき鳥クロニクル』を忘れてはならないと本職は思う。
 特にBOOK3では牛河が青豆と天吾と並んで章立てまでされているのですよ。これはもう間違いなく、「こうであったかもしれない」過去が『ねじまき鳥クロニクル』で、「そうではなかったかもしれない」現在が『1Q84』ということではないのでしょうか。
 あらためてこんなことを書いてしまったけど、そんなことはお見通しですよと叱らないでやってください。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『レキシントンの幽霊』 村上春樹 [純文学]

08-001.jpg
[本]★★★☆☆
ジャンル:純文学

 及第点な作品。『レキシントンの幽霊』『緑色の獣』『沈黙』『氷男』『トニー滝谷』『七番目の男』『めくらやなぎと、眠る女』の七編を収録。
 この中では『沈黙』が自分の好みの作品でした。
 短編集だから、暇つぶしにしかならないけれど、現代純文作家(昭和四十年代以降デビュー)では間違いなく安心して読める作家no.1でしょうね。
 若い頃に受けた衝撃と三十半ばにして初めて得られる共感。そう、三十半ばになって『ダンス・ダンス・ダンス』を手に取ったとき(主人公と同年代)、ガツンと頭をぶん殴られた気がしました。小説読んで、初めて感動に震えました。思わず「うおっ~!」と叫びたくなりましたよ。
 村上春樹の醍醐味はここにあったんだ……とね。完全に目が覚めたって感じです。
 (昔、教授から「僕は学生の頃、『暗夜行路』を読んだ後に感動で身体が震えた。君はどうだい?」と問われたとき、その『暗夜行路』について演壇に上がって発表していた自分は、「そんなこと全然ねぇ」と言って不評を買いましたが……)
 最近はトーンダウンしているような気もしないではないが、それを超えるものを著者には期待したい。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『TVピープル』 村上春樹 [純文学]

0060.jpg
[本]★★★☆☆
ジャンル:純文学

 及第点な作品。『TVピープル』『飛行機-あるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか』『我らの時代のフォークロア-高度資本主義前史』『加納クレタ』『ゾンビ』『眠り』の六編を収録した短編集。
『我らの~』が絶品。『加納クレタ』は『ねじまき鳥クロニクル』に出ていましたね。最後の『眠り』はムットーニ(http://www.muttoni.net/)の題材になっていたので、結構期待したのですが、自分にはいまいちでした。
 この手の純文学作品を読むと、なんだかホッとします。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
純文学 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。