人気ブログランキングへ 大衆小説:警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
大衆小説 ブログトップ
前の5件 | -

『怪盗ジバコの復活』 北杜夫 [大衆小説]

2010-037.JPG
[本]★★★☆☆

 及第点な作品。前作よりもかなりこなれています。これならば、西村京太郎の名探偵シリーズと比較してもよいと思います。どちらかに失礼なような気もしますが、まあ読者の特権として許していただきましょう。
 ただし、これはやはりミステリーではないんでしょうね。広義ならその範疇に入るとは思いますが、こってりとはしていませんね。芥川賞作家の限界ですかね。松本清張は除きます。短いけど、以上。

『怪盗ジバコ』 北杜夫 [大衆小説]

2010-036.JPG
[本]★★☆☆☆

ジャンル:通俗小説

 悪くないといった作品。題名だけみると、ミステリーの範疇に入りそうだけれど、通俗小説ですね。純文学作家が書いた大衆向けコメディといった感じです。著者は芥川賞作家なのに、他にもいろいろ大衆向けを書いていますが、やっぱり純文のほうが力を発揮します。
 この作品は中学生の頃に一度読んだのですが、実は遠藤周作の書いた解説のほうが印象に残っていました。今回、読み直すまでは本文のエピソードだと思っていたのですが。
 本職の独断ですが、北杜夫は『少年』、『幽霊』、『木霊』を読めば、すべてがわかります。信じられない人は試してみてください。以上。

『数えずの井戸』 京極夏彦 [大衆小説]

2010-007.JPG
[本]★★★★★ 

ジャンル:大衆小説

 「おおっー」と叫びたくなる作品。 読中、読後、これだけ満足した作品に出会ったのは五年ぶりくらい。
 本職の本の読み方は、基本的にニュートラルな状態で読み始めるのだが、そこから良い方向にはなかなかぶれない。というのも、題名のメタファーと主題を探し、構成の善し悪しを判断しながら読んでいくので、内容については本当に相当突き抜けていないと琴線には触れてこない。だからこそ、物語性は最重要な気がするわけです。
 というわけで、本を読んでいて心を震わされることは、めったにないのだけれど、数年にひとつくらいは出てくるんですよね。そのときは素直に降参、白旗です。「おおっー」と叫びたくなります。

(『数えずの井戸』本文から抜粋)
「足りておるのか」
「欠けておりましょうか」
「欠けておらぬのだろうなあ」
 儂は欠けておると侍は言った。

 と抜き出してみても、何もわからないと思うけど、そういうことです。
 こういう創作ができる著者には、正直言って羨望の眼差しを向けてしまいます。この人はすでにミステリー書きではないですね。転向した人の作品は、実力がない分、説教臭くて読めなくなるんだけれど、そうした気配がないところに脱帽。★5つ、満点。以上。

『天使か女か』 富島健夫 [大衆小説]

0058.JPG
[本]★☆☆☆☆
ジャンル:大衆小説

 ダメだこりゃ……。どこかのHPに書かれてあった。「渡辺(淳一)君が書けば文学で、俺が書けばエロになる」と著者が言ったということが。その言葉がずっと気になっていたのだが、なんと本棚に著者の作品がいつのまにか一冊まぎれ込んでいたので手にとってみた……。
 不満かもしれんが、この本についてはただのエロでしかない。文学にはなりえていない。以上。

『敵』 筒井康隆 [大衆小説]

0056.JPG
[本]★☆☆☆☆
ジャンル:大衆小説

 ダメだこりゃ……。内容的には純文に近いものがあるけれど、正直言って面白くない。この人の作品は、いつも一筋縄ではいかないんだけれど、これはマイナスな面が出てしまったんじゃないでしょうか。
 裏表紙のあらすじを読んだときには面白うそうだと思ったんだけれど、期待外れでした。
 もっとストレートなエンタメ小説かと思って読み始めて、頭に「?」マークが常に浮かんでましたが、最後にどっと脱力しました。以上。

前の5件 | - 大衆小説 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。