人気ブログランキングへ 警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

『写楽 閉じた国の幻』 島田荘司 [ミステリー]

2010-041.jpg
[本]★★★★★

 何じゃゴルァ!! な作品。本職的には、期せずして今年は写楽yearとなりました。高橋克彦著『写楽殺人事件』、梅原猛著『写楽 仮名の悲劇』を既に読んでいて、基本的知識は十分に入っていました。だから、本作を読んでいてもスムースに背景が理解でき、それがゆえに、この説の斬新さとあり得るのかもしれないといった感覚が読んでいて心地良かったのです。
 ミステリ界の巨匠ならではの推理と構成に、美大出の人間が抱く絵への理解と解釈、これらがうまく融合されて説得力を高めていたように思われます。
 まあ、実際のところ、どの写楽説を読んでもそれなりに説得力はあるのですが、これだけ心を引き付けられた説はなかった。まさに、奇想ここに極まれりといった感じでした。値段は高くなってもよかったので、根拠となる資料を見せてほしかったなと思います。以上。

『怪盗ジバコ』 北杜夫 [大衆小説]

2010-036.JPG
[本]★★☆☆☆

ジャンル:通俗小説

 悪くないといった作品。題名だけみると、ミステリーの範疇に入りそうだけれど、通俗小説ですね。純文学作家が書いた大衆向けコメディといった感じです。著者は芥川賞作家なのに、他にもいろいろ大衆向けを書いていますが、やっぱり純文のほうが力を発揮します。
 この作品は中学生の頃に一度読んだのですが、実は遠藤周作の書いた解説のほうが印象に残っていました。今回、読み直すまでは本文のエピソードだと思っていたのですが。
 本職の独断ですが、北杜夫は『少年』、『幽霊』、『木霊』を読めば、すべてがわかります。信じられない人は試してみてください。以上。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。