人気ブログランキングへ 警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

『異人たちの館』 折原一 [ミステリー]

2010-033.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンル:本格ミステリ

 及第点な作品。叙述トリックの到達点的な作品という意見もあるけれど、一概にそうとも言えないよなというのが直感的な感想。たしかに、構成は凝りに凝ってますが、ストーリーがあまり面白くないもの。『倒錯のロンド』には遠く及ばないと思う。
 いわゆる通俗小説のひとつであるミステリ小説という形態をとっているからには、やはり話が面白いというのが第一義であるべきだと本職は思うのです。別に人間なんて描けていなくてもいい、文章が下手であってもいい。本格でもサスペンスでもハードボイルドでもアドベンチャーでもいい。面白い物語を読みたいのです。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『黒祠の島』 小野不由美 [ミステリー]

2010-032.JPG
[本]★★☆☆☆

ジャンルサスペンス

 悪くないといった作品。表紙に長編本格推理って書いてあるし、題名も『黒祠の島』とあるから、こてこてのものだろうとかなり期待して読んだのだけれど、全然いわゆるクロズードサークルものとは思えないし、本職の感覚からすると本格の部類からも外したい(だから、ジャンルはあえてサスペンス)。舞台設定はそろってるんですけどね……。
 小説として読んだ場合は悪くはありません。『東亰異聞』や『屍鬼』の世界がほのかに匂ってきますし、鼻につかない程度の蘊蓄についてもなかなかのもんですから。
 ただ残念なことに、やっぱり最後はファンタジーおとぎ話)になってしまうんですよね。この作家の性ですかね。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『コールドゲーム』 荻原浩 [ミステリー]

2010-031.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンルサスペンス

 及第点な作品。率直に言って、面白い小説です。エンターテインメントとしては、実にいい出来栄えですね。いろいろ考えさせられるところがありましたし、当然のことをあらためて認識させられるところもありました。
 ミステリとしては、オーソドックスな展開ではありますが、とりあえずミステリ小説として完結はしていますので、期待を裏切らないと思います。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『パノラマ島綺譚』 江戸川乱歩 [ミステリー]

2010-030.JPG
[本]★★☆☆☆

ジャンル探偵小説

 悪くないといった作品。この巻には『闇に蠢く』『湖畔亭事件』『空気男』『パノラマ島綺譚』『一寸法師』の5作品が収録されている。
 とても古い時代の作品だから、評価はなかなかつけにくいのだが、いわゆる探偵小説として目をひくのは『一寸法師』でしょうね。これには後に執筆される怪人二十面相のいぶきを感じました。
 ただ正直に言うと、この巻については、ちょっと物足りないですね。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『死者の木霊』 内田康夫 [ミステリー]

2010-029.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンルサスペンス

 及第点な作品。自費出版されたという著者のデビュー作。第24回江戸川乱歩賞に応募し、1次選考しか通過しなかったという。
 実際に、自費出版するまでにかなりブラッシュアップして見違えるようになったとは思うが、それでも基本的な部分は変わらないわけで、ところが現実は結果の如しだったわけだから、そうなってくると乱歩賞の下読みさんの選考基準がよくわからなくなってきますね。ちなみ、その回の受賞者は栗本薫の『ぼくらの時代』だった。
 本作は信濃のコロンボの第一作でもあって、2時間ドラマで見た記憶がある。いわゆる社会派ミステリという範疇ではよくできている部類に入ると思います。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。