人気ブログランキングへ 警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野晶午 [ミステリー]

2010-028.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンル:本格ミステリ

 及第点な作品。著者の作品はデビュー作の『長い家の殺人』しか読んでいないのだが、いやあ、ずいぶんと成長しましたな。あっぱれですね。
 ただ、綾辻行人の『十角館の殺人』と同じように、映像化は無理ですね。とはいえ、これは本当にうまく書きました。読了後、「おいおい、そうくるか」って思ったけど、内容や文言を思い返してみると、たしかにそうだもんな。
 でも、この手の作品はどうしても底が浅く感じてしまう。その理由は通用する世界が狭いからでしょうね。以上

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『風よ、緑よ、故郷よ』 岩崎正吾 [ミステリー]

2010-027.JPG
[本]★★☆☆☆

ジャンル;本格推理

 悪くないといった作品。この著者はあまり作品を書いていないので評価が難しいのだけれど、やはり探偵の四季シリーズと比較してしまう。
 というところで導き出される結論は、パロディ作家なんだろうなという感慨。オリジナルになると華がないですね。華がない本格は、本当にただそれだけになってしまいます。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ [ミステリー]

2010-026.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンル:本格推理

 及第点な作品。帯に書いてある「必ず二回読みたくなる──」という文言に胸を躍らせつつ読み進めた。何の情報も持ち合わせていなかったから、読んでいる途中では「???」という感じ。単なる青春ラブストーリーが展開していく。
 ただ、おそらく問題は構成なんだろうなとは思いつつ、時折ひっかかるような場面には出くわすのだが、やはり「???」という感じから脱却できず、オーラスというところでも何のひらめきもこず、読み終えた瞬間は「あれ、終わった……」という感慨しか残らなかったのだが、唐突に「あっ」と思った。そして、そのことに気づかされたとき、そこで初めて物語が始まったような気がした。
 なるほど、なるほど──。そういうことね。でも、二回は読まなくていいでしょう。以上。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 [ミステリー]

2010-025.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンル:本格ミステリ

 及第点な作品。著者の倒叙もの三部作の第一弾だといわれている。構成をしっかりと組み立てていて、たしかに面白いけど、技巧的過ぎて、物語を読むというスタンスからは遠い作品ですね。
 この作品なら誰もがいわゆる本格ミステリと認識できそうです。倒叙にしたことが、さらに一層効果的なんでしょう。ただ、本職としてはこの手の作品はひとつ読めばおなかいっぱいという感じですので──本作の最後のほうですでに満腹感あり──三部作の続きは気が向いたときにということで。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『見返り美人を消せ』 石井竜生・井原まなみ [ミステリー]

2010-024.JPG
[本]★★★☆☆

ジャンルサスペンス

 及第点な作品。第5回横溝正史ミステリ大賞(横溝正史賞)受賞作。新人賞のサスペンスものにしては力作でした。取り扱った題材もマニアが存在するコアな世界であり、素人には気がつかないような素材を取り入れているので、「ふんふん、なるほど」と思えるんでしょうね。
 著者名は二人の連名になっていて、その二人は夫婦ということだ。どちらがどのような役割を担っているのかは不明だが、ミステリ作家としては奥さんのほうが書き手だったように見受けられる。
 とはいえ、他作品を読んでみようとは、今のところは思いません。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。