人気ブログランキングへ 警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

『レキシントンの幽霊』 村上春樹 [純文学]

08-001.jpg
[本]★★★☆☆
ジャンル:純文学

 及第点な作品。『レキシントンの幽霊』『緑色の獣』『沈黙』『氷男』『トニー滝谷』『七番目の男』『めくらやなぎと、眠る女』の七編を収録。
 この中では『沈黙』が自分の好みの作品でした。
 短編集だから、暇つぶしにしかならないけれど、現代純文作家(昭和四十年代以降デビュー)では間違いなく安心して読める作家no.1でしょうね。
 若い頃に受けた衝撃と三十半ばにして初めて得られる共感。そう、三十半ばになって『ダンス・ダンス・ダンス』を手に取ったとき(主人公と同年代)、ガツンと頭をぶん殴られた気がしました。小説読んで、初めて感動に震えました。思わず「うおっ~!」と叫びたくなりましたよ。
 村上春樹の醍醐味はここにあったんだ……とね。完全に目が覚めたって感じです。
 (昔、教授から「僕は学生の頃、『暗夜行路』を読んだ後に感動で身体が震えた。君はどうだい?」と問われたとき、その『暗夜行路』について演壇に上がって発表していた自分は、「そんなこと全然ねぇ」と言って不評を買いましたが……)
 最近はトーンダウンしているような気もしないではないが、それを超えるものを著者には期待したい。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『陰陽師 生成り姫』 夢枕獏 [SF]

0062.jpg
[本]★★☆☆☆
ジャンル:時代SF

 悪くはないといった作品。朝日新聞の連載小説ということだが、出来はいまいちだな。このシリーズ、大好きなんだけども、「生成り姫」に限っていえば、最大の欠点は短編を無理やり長編に引き延ばしたという感じがするところ。
 映画の「陰陽師」の核になっている話だけれど、もっとこってりとお願いします。以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『神狩り』 山田正紀 [SF]

0061.jpg
[本]★★☆☆☆
ジャンル:SF

 悪くはないといった作品。第6回星雲賞受賞作。
 自分はこの著者が個人的に好きではありません。理由は書きませんが、第三者が見れば単なる逆恨みにしか見えないとは思います……。
 てなことで、読み始める前からマイナスの先入観が入っています。
 さて、この作品ですが、SF愛好家の中では非常に評価が高い。私怨はおいて、自分も気合いを入れて読み始めました。
 三分の一を過ぎたところで、「ほほう、なるほど──悔しいけど面白いぞ」と独り言。しかし、三分の二を過ぎたところで、ずっこけてしまった。
 台無しである。
 エンディングにも、自分はがっくりと肩を落とした。
 ダメダメである。
 でも、いつか心の大きな人間に成長することができたなら、この続編といわれている『神狩り2-リッパー』と本格推理の『ミステリ・オペラ』には目を通そうと思ってはいる。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『TVピープル』 村上春樹 [純文学]

0060.jpg
[本]★★★☆☆
ジャンル:純文学

 及第点な作品。『TVピープル』『飛行機-あるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか』『我らの時代のフォークロア-高度資本主義前史』『加納クレタ』『ゾンビ』『眠り』の六編を収録した短編集。
『我らの~』が絶品。『加納クレタ』は『ねじまき鳥クロニクル』に出ていましたね。最後の『眠り』はムットーニ(http://www.muttoni.net/)の題材になっていたので、結構期待したのですが、自分にはいまいちでした。
 この手の純文学作品を読むと、なんだかホッとします。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『蟲』 坂東眞砂子 [ホラー]

0059.jpg
[本]★★☆☆☆
ジャンル:ホラー

 悪くはないといった作品。第1回日本ホラー小説大賞佳作。可もなく不可もなく、怖くもない。ただ、取り上げたテーマは自分の好みです。
 著者の処女作ということもあってか、なんとなく題材をうまく消化しきれていない感は否めない。欲張って、少し失敗しているように思われる。以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。