人気ブログランキングへ 警部は囁く:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2008年03月 |2008年04月 ブログトップ
前の5件 | -

『琥珀の城の殺人』 篠田真由美 [ミステリー]

0010.jpg
[本]★★☆☆☆
ジャンル:本格推理

 悪くはないといった作品。まるで、少女漫画の原作があれば、こんな感じといった出来栄え。または、三文芝居のノベライズといったところ。 辛辣かもしれないが、こんな印象です。
 第2回鮎川哲也賞の最終候補作。でも、石川真介の受賞作『不連続線』よりも新本格という観点からすれば、当作品のほうがいいような気もするが、どう?
 ご都合主義に頼ってしまっているところが、やはり読み手を白けさせてしまうのかもしれないね。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『五匹の子豚』 アガサ・クリスティー [ミステリー]

0009.jpg
[本]★★★☆☆
ジャンル:本格推理

 及第点な作品。スリーピング・マーダーもので最初に発表されたものと言われている。最初に書かれたものは、その名のとおり『スリーピング・マーダー』だそうだ。
 題名はマザーグースから取られているが、話の内容にはほとんど関係ないので、少し肩すかしをくらった感じ。
 過去の事件を取り扱うので、当時の関係者から事情を聞き出して推理をするという構成になるのだが、これは著者の力量が問われますな。
 誰もが納得できるパズルを組むことができるか、それが最重要課題になるだろう。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『繭の夏』 佐々木俊介 [ミステリー]

0008.jpg
[本]★★★☆☆
ジャンル:本格推理

 及第点な作品。第6回鮎川哲也賞佳作。選評では後味の悪さが指摘されていたが、悪くたっていいではないか。別に文科省推薦図書を狙って書いているわけじゃないのだから。
 作品の構成や雰囲気はまさに鮎川哲也賞応募作といった感じ。ただし、同年度応募作に北森鴻『狂乱廿四孝』があったのが運の尽きか。
 スリーピング・マーダーもの。うーん、アガサ・クリスティが読みたくなった。以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ネヌウェンラーの密室』 小森健太朗 [ミステリー]

0007.jpg
[本]★★☆☆☆
ジャンル:バカミス

 悪くはないといった作品。しかし、これを本格ミステリと呼ぶことはできないと思う。あえて言うなら、これがバカミスというジャンルなのだろう。
 半分過ぎたところで事件がようやく起きる──という著者の神経の図太さに感心。江戸川乱歩賞に『ローウェル城の密室』を投稿し、最年少で最終候補となった実績がなければ……という感じだ。
 期待しながら我慢して読み続けたのに、それはないんじゃないのという展開、そして結末。
 さらに言わせていただくと、これは推理小説でもない。ただし、広義のミステリという玉虫色の解釈をして読むのなら、それはそれで立派なエンターテインメントになっているとは思います。以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『隕石誘拐』 鯨統一郎 [ミステリー]

0006.jpg
[本]★☆☆☆☆
ジャンルサスペンス

 ダメだこりゃ……。
 著者の第一長編ということだが、失笑を禁じ得ない。
 宮沢賢治好きの自分にとっては、題材の求め方は良かったと思う。しかし、不特定多数の読者が宮沢賢治という名前からどれだけの情報をイメージできるのか──ということになると、著者は読者をかいかぶりすぎだと思う。
 ところどころに『邪馬台国はどこですか?』の輝きをみせてくれるのだが、この内容じゃ……という感じ。
 荒唐無稽は大いに歓迎だが、臨場感あふれるそれをお願いしたかった。以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -
-|2008年03月 |2008年04月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。